キャンピングカーの設備ってどうなってるの?

Q1キャンピングカーの電気って?

この前、車のルームランプをうっかり点けっぱなしにしてしまって、バッテリーをあげてしまったんですよ。キャンピングカーの照明とかも、やっぱりバッテリーから取ってるんでしょう?気をつけないと出先で動けなくなったりしたら大変だなぁ…

Q1

キャンピングカーは言うなれば動く家ですからね。照明に限らず、電気製品や電気で動く設備などもありますよ。照明などは、確かに12ボルト(以下、V)のバッテリーから電源を取りますが、心配しなくても大丈夫!エンジンで使うバッテリーの他に、居室部分で使う電気は「サブバッテリー」という別系統から引いているんです(※補足参照)。もちろんバッテリーだから限りはあるけれど、万が一サブバッテリーを上げてしまっても、エンジンはかかりますよ。

Q1

そうなんですか!生活用の電源が別系統なら安心ですね。しかし、バッテリーが増えた分、充電とかが面倒になるなあ。私はあまり機械に詳しくないし…

Q1

サブバッテリーも、エンジン用のバッテリー同様、走行中に自動的に充電されるようになっていますよ。走る距離が短かったり、何日も同じ場所にいる場合はちょっと工夫が必要になりますけどね。

Q1

工夫って、どうしたらいいんでしょう?私でも簡単にできますか?

Q1

なぁに、キャンプ場などで「電源付サイト」を利用すればいいだけですよ。コンセントからの100Vの電流は12Vに変換されて、照明などの装備に供給されるほか、同時にサブバッテリーも充電されるんです。

Q1

へぇ。うまいこと出来ているんですねぇ。

Q1

普段キャンピングカーを止めている場所でコンセントが使えるなら、出かける前日から繋いでおきましょう。冷蔵庫を事前に冷やしておけるうえに、サブバッテリーも充電できるなど、便利ですよ。

Q1

※キャンピングカーの電気設備は12Vのものと100Vのものがある!

 

キャンピングカーに装備されている電気製品のすべてが12V(サブバッテリー)からの供給で動いているわけではありません。

車によって設備に違いはありますが、冷房(カーエアコンではなく居室部分のエアコン)、電子レンジはほぼ、100Vでしか動きません。また、ヘアドライヤーなどを使う場合も100Vから使われるようになります。(例外もありますので、具体的に検討する際には確認が必要です)。これら100Vでしか動かない設備については、外部電力(電源つきキャンプサイトのコンセントなど)、または発電機(車載のもの、あるいは別に用意する)からの電力を使うことになります。電子レンジや冷房を旅先で使う予定があるなら、こうした外部からの電源の確保を忘れずに!

 

Q&A一覧に戻る

s